院長/療法師
岩本有加

2005年にヨガに出会い、2007年よりハタヨガ講師として活動を開始。
2010年にインドへ渡航しヨガ哲学・ラージャヨガ・アーユルヴェーダを学ぶ。
帰国後、タイ古式マッサージ・バリニーズエステ・ストーンヒーリング・経絡ボディマッサージ・経絡フェイシャルエステ・心理カウンセリング等を習得し、セラピストとして活動。

幼少期から身体が弱く、20代~30代にかけて日常生活に支障をきたすほどの生理痛とPMSに悩み続けるも何をやっても治らず、39歳で子宮頸癌が発覚。
手術により子宮を全摘出し、抗がん剤治療を6クール受けるも、10か月後に医師より再発を言い渡される。
2度目の抗がん剤治療を勧められるも、「なにかがおかしい」と拒否し、知り合いに相談をしたところ「陰イオン滲透療法という治療法がある」と教えられ、師匠である陰イオン滲透療法統括責任者 馬場勝男先生(湯河原/イオン滲透療法院)の元を訪れ、「陰イオン滲透療法」と自らの生活習慣の改善によって癌を卒業。

<癌卒業までに「陰イオン滲透療法」によって得たもの>
・30年以上何をやっても治らなかった冷え性が改善
・約3年間ひきずっていた坐骨神経痛が改善
・体重5キロ減
・睡眠障害の改善
・肺機能の強化
・子宮摘出手術の後遺症として、鼠径部に浮腫みと痛みがあったものが改善
・抗がん剤治療によってダメージを受けていた肝臓と腎臓の機能が回復
・精神的トラウマの解消(精神的ストレスを受けにくくなりました)
・食習慣の改善(体質が変わったことで、身体に害のあるものを自然と欲しなくなりました)

また、同じように私の家族や知人にも施術をしたところ
・偏頭痛が完治
・30年以上服用していた降圧剤を卒業
・四十肩の改善
・何をやっても治らなかった約5年に渡る股関節痛が改善
・膝痛が完治
・ヘルニア手術の後遺症で出ていた足のしびれが改善
・花粉症が軽減
など…様々な不調の改善をみることができました。

陰イオン滲透療法は、このようにありとあらゆる身体の不調や病を治癒へと導く素晴らしい全身根本療法でありながらも、残念ながら全国に療法師はごくわずかしかおらず認知度もありません。
この療法を自分や家族のためだけに使って終わらせてはあまりにも勿体ないと思い、過去のヨガ講師やセラピストとしての経験と知識や知恵を活かし、陰イオン滲透療法院Zuci~シュチ~を開院いたしました。

当院は、西日本で唯一の陰イオン滲透療法専門の治療院です。

<東日本>
陰イオン滲透療法統括責任者 馬場勝男院長
イオン滲透療法院のホームページはこちら